1985年4月 富山県総合体育センターにて、スポーツセミナー・新体操コースとしてスタート。今年度で創立33周年を迎える。

 競技会への出場は、全日本チャイルド選手権大会・全日本ジュニア新体操選手権大会・全日本中学校体育大会・全国高等学校体育大会・国民体育大会・全日本社会人新体操選手権大会等に選手を輩出。地域の福祉施設の慰問、発表会への招待など、社会的活動も取り入れている。  

 練習はクラス毎に分かれ、毎週月・水・木・金曜日に行っている。幼稚園児から社会人までを対象とし、年齢に応じた運動能力・柔軟性・リズム感などを習得し、さらには、新体操を通じた社会性の発達を目標に活動している。

 発表会は、1986年に第1回目を開催して以降、毎年度末に開催するメインイベントである。各クラスの出し物の他に全クラス合同の演目や、近隣クラブや学校による賛助出演、卒業作品などを2時間にわたり披露する。